特殊清掃 とは

近年、特殊清掃というワードを目にする機会が多いのではないでしょうか。しかし、特殊清掃という言葉の意味を詳しく説明できる方は、あまり多くないでしょう。このサイトでは、特殊清掃の意味について詳しく解説していきます。

特殊清掃とは、孤独死や事故などの何らかの理由によって長時間遺体が見つからなかった現場や、自殺や殺人などによって遺体が発見された現場を、回復させる清掃を指します。ではどうして通常の清掃業者や不用品回収業者ではなく、特殊清掃を専門とした特殊清掃員の方々が必要なのでしょう。

特殊清掃業者が必要な理由は、遺体が腐敗した場合に発生するシミや臭いは、通常の業者では清掃しきれないものや、法外な金額を取られてしまうことがあるためです。特殊清掃業者は、臭いや菌を分解するという効果があり、臭いを根本から除去するオゾン消臭や、ウイルスの感染を防ぐために、二酸化塩素を中心に消毒剤を散布するといった、一般の業者よりも強力な効果を持った薬剤を使用します。きちんとした処理を施したうえで、良心的な価格で清掃をしてもらうことができるため、清掃を頼む際は特殊清掃の専門業者に依頼することが推奨されます。

特殊清掃の業者の中には、遺品整理士という資格を持った特殊清掃員がいます。遺品整理士の資格とは、一般社団法人遺品整理士認定協会が行う認定試験に合格し、もらうことのできる資格です。遺品整理士は、しっかりとした清掃や遺品整理の知識を得てご遺族の気持ちをより理解し、供養の気持ちをもって仕事に取り組むことを認められた遺品整理士は、現在はまだ普及中であるものの、とても信頼のできる資格となっています。2017年には資格取得者が2万人を超えていますが、法的拘束力のある仕事ではまだまだないため、数が少ない資格です。国としても遺品整理士という資格が広まるように取り組みをしているため、今後は特殊清掃というワードが広がり続け、遺品整理士の資格も普及が進んでいくものと思われます。
理由としては、現在日本では高齢化や、一人暮らしの世帯が増える核家族化が進行しているからです。

高齢の方は、餅をのどに詰まらせてしまう場合や、浴室内でのヒートショックによりなくなってしまう方が多く、核家族化の方は、生活習慣病による脳卒中や孤独感による自殺により、孤独死をするケースが多く、長い場合だと数ヶ月近くも発見されないケースもあります。これらは自分自身で防ぐことが難しく、できるかぎり一人で暮らさないことや、身近な今日に家族や訪問ヘルパーの方がいる場合でないと、なかなか孤独死は減りません。現代の日本は晩婚化も進んでいますし、都心に住んでいる方であれば近所付き合いがほとんどない方もいるでしょう、これらを考えると、今後日本国内ではさらに孤独が増えていくことは間違いないでしょう。

上記に記載した通り、特殊清掃というワードは認知度が増え続け、いずれは誰もが知っている言葉となるでしょう。
さらに、特殊清掃業者の中でも信頼のおける遺品整理士という職業についても認知度は広がり、給料の増加や求人数の増加から、国民的な職業の一つとなっていくでしょう。特殊清掃について紹介しましたが、実際にはあまり普及している仕事ではなく、あまりよくない偏見を持っている方も存在しているかと思います。しかし、今後は間違いなく需要が高まっていく仕事ですし、今以上の人手が必要になります。特殊清掃についての知識をしっかりともち、今後いろいろな形でかかわる可能性があるということを十分に理解しましょう。特殊清掃に関する情報は特掃ジャーナルというサイトで詳しく紹介されているのでよければ参考にしてみてください。

PAGE TOP
MENU